デオドラントスプレーの使い方

HOME > デオドラントスプレーの使い方

yellow_l.gifデオドラントスプレーの使い方

greencube.gifデオドラントスプレーの成分は?

デオドラントスプレーの使い方夏になると欠かせないデオドラント化粧品ですが、多くみかけるのはスプレータイプのものです。
私も毎年購入して、季節を問わず使っています。
最近は、わきの肌をきれいに見せる物や、靴用など色々な製品が出ています。

このスプレータイプのデオドラント製品ですが、スプレーを噴射させる成分として液化石油ガス、ジメチルエーテル、窒素、炭酸ガスなどの圧縮ガスが主に使用されています。
注意したいのが、このスプレーの噴射圧がけっこう強いと思いませんか?
強すぎる圧力にあって、色素沈着や皮膚の異常を引き起こす事もあるそうです。

デオドラントスプレーを使う時は、最低10cm以上は離して、かつ、直接スプレー成分を吸い込まないようにしましょう。また液化ガスには可燃性がありますので、周りの火気には注意が必要です。




ヨーロッパでは、スプレー式より、パウダー式のデオドラントが人気です。