デコ電のつくり方-材料編

HOME > デコ電 > デコ電のつくり方-材料編

yellow_l.gifデコ電のつくり方

greencube.gifデコ電の材料


デコ電スワロフスキーケース収納
←今回デコるのはこの携帯。ドコモのSH906iです。
縦112mm 横49mm 厚さ18.6mm
このように面がフラットな携帯は、難しくありません。


デコ電スワロフスキーケース収納
←今回は阪神タイガースのデコ電をつくります。
全面にストーンを貼るのではなく、ポイントデコなので短時間でできます。


デコ電スワロフスキーケース収納
←デザイン画をつくります。ソフトはillustratorを使っています。
デザイン画をつくることで、必要なストーンのサイズと数を把握します。
ロゴ以外のデザインだったり、曲線が無いデザインの場合はここまで詳しくしなくてもOKですが、
今回は曲線の多いロゴなので、きっちりと計算しました。



デコ電スワロフスキーケース収納
←スワロフスキーのストーンを使います。
アクリルストーンは安さが魅力ですが、日焼けして色が飛んだりします。
なんと言っても輝きはスワロフスキーが最高です。
今回は虎ファンの先輩の為に「阪神タイガースのTHロゴマーク」をデコってみます。
ポイントデコなのでストーンは少なめ。
白色(クリスタル)…ss5 ss7 ss12
黄色(シトリン)……ss5 ss7 ss12

一袋の量…ss5とss7は100粒 ss12は80粒


  ↓スワロフスキーストーン  サイズの目安 ロットにより多少のばらつきがあります。

ss5
約1.8mm
ss7
約2.1mm
ss9
約2.3mm
ss10
約2.6mm
ss12
約3.0mm
ss14
約3.4mm
ss16
約4.0mm

デコ電スワロフスキーケース収納
←いつもは デコクリア という商品名のマニキュアタイプのベースコートを使いますが、今回はポイント的にデコってみたいので
 ストーン以外の部分が目立たないシートタイプのベースを使用します。
 これは厚めで貼りやすく、3枚もはいっていてお得です。
もちろん、失敗しない自信のある方、デコを着替える予定がなければ直接携帯に貼ってもいいかと思います。(直貼りを剥がすのは難しいので、充分考えてからやってください!)


デコ電スワロフスキーケース収納
サンプル
←これがベースに デコクリア を使用した場合です。
マニキュアタイプは乾くと筆跡が目立ちます。
このあと黒い部分には黒いストーン(ジェット)を貼って仕上げました。




デコクリア↓

デコ電なら!デコ電用便利アイテム☆剥せるマニキュア デコクリア(ラメクリア)D07SW15CL