UV対策の基本 日焼けのしくみ

HOME > 紫外線対策 > UV対策の基本 日焼けのしくみ

yellow_l.gifUV対策の基本 日焼けのしくみ

greencube.gif紫外線(UV)とは

紫外線対策 UV対策
地上に届く太陽光には、可視光線52%と赤外線42%と紫外線5~6%が含まれています。
可視光線は色として目に見えます。赤外線は熱として感じます。それに比べて紫外線は目に見えず、感じる事もできません。
紫外線にはA 波、B 波、C 波とあり、地上に届く紫外線はA 波とB 波です。
波長の長いもの(315-400nm)をA波・波長が短いもの(280-315nm)をと呼びます。
A 波は、B 波に比べて、皮膚の真皮に達する比率が高く、シワやシミなどの原因となります。紫外線は英語のUltravioletからUVと略されます。

佐伯チズさんご愛用のUVビーズチェッカー

デジタル表示で見やすいUVチェッカー

太陽に向かってボタンを押すだけ 紫外線測定器 UV-MONI

紫外線対策 UV対策

greencube.gif紫外線を浴びるとどうなるの?

人は紫外線を全く浴びずに生活することは困難です。
子どもの頃からケアをしていても。繰り返し浴びている微量の紫外線によって、
皮膚の遺伝子が変異したり、その働きに異常が生じたり、シミ・シワの原因さらには腫瘍(良性・悪性)の原因になります。
このために紫外線はお肌に悪いといわれているのです。

greencube.gif皮膚が老化する原因の9割は紫外線のせい

UVケア 紫外線対策 日焼け止め紫外線が要因といわれる皮膚老化が一番現れるのが顔です。
年齢がすすむに比例して顔のシミ・しわは目立つようになります。
子どもの頃からほぼ毎日紫外線を浴びている顔は、皮膚がんが発症しやすい箇所でもあります。
皮膚がんは紫外線の当たりやすい部分に多く発症しています。
皮膚老化を防ぐためには、若い年齢からのUV対策が必要不可欠です。