視力を保つために

HOME > レーシック体験談 > 視力を保つために

yellow_l.gif視力を保つために

greencube.gif視力のために毎日の習慣

視力回復レーシック眼鏡やコンタクトレンズで視力を矯正する必要がない人でも、PCに長時間向かっていると一時的に視力が落ちます。
液晶画面は目にとって相当な負担になりますので、PC画面だけではなくテレビゲームにも同じことが言えます。

また外的要因だけではありません。視力には肝臓の機能が深く関わっていますので、肝機能が衰えた時には目に異常が現れます。
例えば、過度なストレスや飲酒で肝臓に負担をかけた場合、視力が衰えます。
これを防ぐには、毎日の食生活にも気をつける必要があります。
視力についても、体の外側からと内側から両方のケアが必要なのです。

greencube.gifレーシックをせずに視力回復が可能か

レーシック視力回復視力が落ちたまま長年定着して場合は1.5程度に回復するのは難しいと言われていますが、ある程度は回復すると言われています。

日本人では視力の良い人でも2.0程度の視力ですが、アフリカに住む人々は平均して10.0の視力があるといわれています。
10.0とはどれ位の視力なんでしょうか。
データはありませんが、おもしろい例として、彼らは3km先のシマウマの雌雄が判別できるそうです。
また動体視力を使うスポーツ選手は視力が落ちにくいと言われています。
これは日頃から目の訓練をしているからです。

視力が落ちるのは目の使い過ぎによるものですが、これは目の筋肉の疲労によるものです。
PCを使う時間が長いと視力が落ちるのは、PC画面までの距離、約40cmにずっと焦点を合わせ続けているため、目の筋肉が他の距離に焦点を合わせることに対応できなくなっているのです。

これは訓練をすることで、改善することができます。
子どもの頃テレビゲームをしていると「時々遠くを見るようにしなさい」と言われたことはありませんか?
時々画面から目を離して、壁にかかっている写真や窓の外の木々などに焦点を合わせてみましょう。
近くと遠くを交互に見るということです。これだけで、目の筋肉のトレーニングになります。
簡単な方法なので、是非とりいれてください。ください。

greencube.gif目の周りのツボ

視力回復レーシック目のまわりのツボ目の周りのツボを押すことも効果的です。
これは目の周りの筋肉の血行を促進させる効果があるためです。
フェイシャルエステなどでマッサージを受けた後、視力が回復することがあります。
これは目の周りのツボが刺激され、血流が正常化した結果です。

目の筋肉のトレーニングとツボの刺激は毎日継続することで、視力の低下・目の老化を遅らせることができます。
レーシックを受けた人も受けていない人にもおススメです。