乾燥肌を知る

HOME > 乾燥肌対策 > 乾燥肌を知る

yellow_l.gif乾燥肌を知る

greencube.gifお肌が乾燥するとどうなるの?

乾燥肌保湿化粧水コスメ季節にかかわらずお肌の乾燥に悩む人は多く、私もその一人です。
お肌が乾燥すると……

・薄く硬いシワができやすく老けてみえる
・ハリ、弾力がなくなり肌がたるむ
・皮膚表面がひび割れて、
 刺激物質や細菌が入り込みやすくなる
・化粧がのらなくなり、化粧品でかぶれることがある



greencube.gif乾燥肌の悩み

◇何をやっても乾燥肌が改善できない。
◇自分に合った乾燥肌対策が見つからない。
◇今使っている基礎化粧品は安全なのか不安
◇正しい乾燥肌対策がわからない。

私もこのような悩みを抱えていました。
そして「乾燥肌は体質だから、どんな対策をしてもダメ」と諦めていた時期もありました。
しかし、いろいろと勉強し試行錯誤した結果、自分に合ったケアを見つけることができたのです。
今は多少無理をしても落ち着いた状態を保てるまでになりました。
そこで同じ様に乾燥肌に悩む人のために、私なりの乾燥肌解消法をお話します。
(あくまでも私個人がたどりついた方法です)


greencube.gif乾燥肌に必要な基礎化粧品

乾燥肌保湿化粧水コスメ世の中にはたくさんの基礎化粧品があります。
「洗顔」「メイク落し」「化粧水」「乳液」「美容液」「クリーム」
……これ以外にもたくさんあるでしょう。
本当にこんなにたくさんのアイテムが必要なのでしょうか。
私は基礎化粧品について知る為にドラッグストアにある、商品の成分表示をじっくりと見てみました。
すると、ある事に気がついたのです。
基礎化粧品に含まれる成分はメーカーや形状(液状、クリ−ム状など)が違っても、
ほぼ共通していたのです。(すべての商品がそうではありません)

この疑問を本やネットで調べてみました。その結果わかったのが、
「スキンケアの目的は保湿。それができるならアイテムの種類、
点数は大きな問題ではなということでした。

皮膚科医によると、お肌のしくみついて知らない女性が意外に多いということです。
恥ずかしながら、私もその一人でした。
スキンケアの基本も知らずに、様々な基礎化粧品を買っては試し、買っては試しの繰り返しだったのです。
自分のお肌を知らないから、もちろん自分に合う化粧品なんて選べるはずがありません。

お肌の為には、まず「保湿」これが私の見つけた結論です。
「な〜んだ、そんな事知ってるよ」という方も多いでしょう。
でも私は色々なアイテムを試すあまり、基本を忘れていた事に気づいたのです。
「乾燥肌には保湿力」私のお肌はコレだけでずいぶん改善されました。
美肌のコツは、実はそんなに難しいことじゃないのかな?と思います。
広告やうわさに惑わされる事無く、時間もお金も無駄にせず、美しさを手に入れたいですね。



greencube.gif本当の保湿とは

私もそうだったんですが、乾燥肌に悩む人は日頃から保湿に気をつけていると思います。
でも私は本当の保湿の意味を勘違いしていました。
「保湿」とは「湿気」を「保つ」と書きます。
大辞泉によると「乾燥し過ぎないように一定の湿度を保つこと」とあります。
私のケア方法は「お肌の水分を保つ」のではなく「洗顔後に化粧水と乳液で顔をビチャビチャにする」だけで終わっていました。
本当の保湿とは「お肌に水分を与える」だけではなく「お肌に与えた水分を逃さないようにして、潤いを保つこと」だったのです。

お肌を地面に例えてみましょう。土に水をかけるのは保湿とは言いません。
乾燥しきった大地が、雨が降ってもすぐに干上がってしまうのと同じです。
土地そのものに水分をキープする力を与えなければなりません。
お肌も同じです。
では、どのような基礎化粧品があればいいのでしょうか。
基本があれば乾燥肌なんて怖くありません。
肌が求める保湿化粧品を使ってうるおいのある素肌を手に入れましょう。