シンプルに美しく暮らす

yellow_l.gifシンプルに美しく暮らす

greencube.gifが溢れる時代の心地よい暮らし方

本当に必要な物だけに囲まれた住まいは、暮らす人に大きな安らぎとゆとりをもたらします。
そんなスッキリとした暮らしのコツは、何と言っても物を増やさないこと。
 不要な物をすぐに処分して、物を管理する時間を少なくすることが、ゆとりある生活への第一歩です。

 日本人は世界一持ち物が多いと言われています。それは日本人が伝統文化と西洋文化の融合の中で生きているからです。
例えば、子供の成長を祈るために飾るひな飾りや鎧兜、鯉のぼりに加えて西洋文化の代表である、クリスマスツリー。
それらの物を収納しスッキリ暮らすためには、大きな収納場所が必要です。
じゃあ収納がたくさんある家に住めばいいじゃない?と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。
家の主役は物ではなくそこに住まう人のはずです。膨大な物に囲まれて、それらの管理収納に追われる毎日と、多少の不便はあってもゆとりある時間とスペースでくつろぐ日々……どちらが幸せでしょうか。
今の時代は物を手に入れることより、排除することのほうが難しくなっています。
不要な物と決別し、貴重な時間をあなたらしくすごすゆとりを手に入れましょう。

管理人推薦のシンプルライフ指南書
ガラクタ捨てれば自分が見える  カレン・キングストン著
少ないモノでゆたかに暮らす  大原照子著
持たない暮らし  金子由紀子著
片づけのコツ  金子由紀子著
モノとわかれる!生き方の整理整頓  大塚敦子著

HQ010_L.jpg

HL095_L.jpg

greencube.gif広く見せるコツ

 床や壁など広い面積の部分をスッキリ見せることで広々とした印象を与えることができます。
つい床に置いてしまいがちな雑誌やバッグを片付けて、新聞やダイレクトメールが無造作に置いてあるダイニングテーブルの上も「何もない」状態にしてください。
 スッキリのコツは「何もない面積を広く」です。

 次はインテリアと家具や雑貨類の関係です。
 壁や床と家具の色と質感を合わせることで統一感を出すだけで部屋の印象はかなりスッキリとしたものになります。
 さらに一歩進んで食器などの小物から、クッションやカーテンなどのファブリックもイメージを統一してみましょう。
 “同じテイスト”を心掛けるとインテリアも難しくありません。

インテリアを楽しむにはまず物を少なくすること!
雑多な物に囲まれていては、せっかくのインテリアも活きません。

収納とインテリアの上手なバランスを学ぶ図書
シンプルライフをめざす整理収納インテリア
シンプルに暮らす整理術
Pottery Barn見せる収納、しまう収納


greencube.gif「捨てられない」「もったいない」を断ち切る


HL109_L.jpg