アイプチの危険性

HOME > 二重まぶたアイプチ整形 > アイプチの危険性

yellow_l.gifアイプチの危険性

greencube.gifアイプチ、アイテープには問題点があります

簡単に二重まぶたにすることができる方法として、アイプチやアイテープがあります。
手軽なメイク方法として知られていますが、これには問題点があり、下記のようなトラブルに注意が必要です。

  • トラブルの事例
    • まぶたの皮膚が荒れて赤くなったり、かゆくなったりする。
    • アイメイクに時間がかかる。
    • メイクが落ちにくく、こすって皮膚を傷めてしまう。
    • 色素沈着がおこる。
    • まぶたの皮膚が延びる、固くなる、厚くなる。
    • 目をとじると皮膚がひきつるので、他人にバレる。
    • 完全にとじることができないので、目が乾き涙目になる。
    • プール・海・温泉にいけない。

二重まぶたアイプチ整形また、まぶたが腫れるとより目が小さく見えてしまうため、使用を中止することができず、どんどん状態が悪くなる。いったん延びたまぶたの皮膚は自然には元にもどりません。

このようにアイプチ(アイテープ)の継続使用は多くの問題があります。
完全な二重まぶたを希望するのであれば、プチ整形も考えてみてはいかがでしょうか。
現在の二重まぶたの手術は、メスを使わず、痛みも少なく、回復も早くなっています。自然な仕上がりで人に知られないというレベルにまで達していますので、一度カウンセリングを受けられてみてはいかがでしょう。最近では中学生や高校生が母親と一緒に訪れるケースも増えています。

ただし、クリニック選びは慎重に。カウンセリングを受けて本当に安心できる美容整形外科を選んでください。多くのクリニックがメール相談を受け付けています。